猫の健康を考えて

そのごはんが果たして猫の健康を考えるとどうなのかは、判断が難しい面があります。好き嫌いがはっきりしていていくら体によいと飼い主が考えていても猫は正直ですから嫌いなものは食べませんし逆にばくばく食べるから良いという事もないのです。

最も心配しなければいけないのは腎不全や糖尿病などの病気ですが、言葉を話せない猫ちゃんの異常に気づくにはフンやおしっこの様子を観察することです。さらに最低3ヶ月から半年に一度は健康診断を受ける事も有効です。可愛いからと言って餌を食べ放題というのはお勧めできません。実際に太りすぎの猫ちゃんを多くみかけます。

近頃は家の中だけで飼うことが推奨されている事もあり運動不足に陥ってしまいがちですから、ご飯だけは飼い主がしっかり管理してあげてください。添加物や着色料が愛猫に良くないことは人間と一緒です。しかしながら無添加が万全とは言い切れませんから、それよりは与える量と新鮮な水をいつでも飲める事に気をつけてあげる事の方が大事です。

尿結石を予防する事も重要です。特に雄猫は尿道がメスより狭いですからマグネシウムが多すぎると尿道が詰まったり腎不全を発症して命を縮めてしまったりするケースが増えています。人間の食事は塩分が多すぎて猫には良くないですから、キャットフードだけにしておきましょう。

参照ページ – カナガン|イギリス直輸入!グレインフリープレミアムキャットフード通販
尿路結石を予防するキャットフードです。