猫の健康に餌は大事

今回は“猫の健康管理はキャットフードで対策”についてのお話です。猫に限らず人も動物も毎日の食事は生命をつなぐために、大変重要なのは言うまでもありませんし、人間のように美しいプロポーションを維持するためにわざと食べないとか、美しいお肌のためにお食事を選ぶとかはさすがにないにせよ、お食事の時間はペットにとって唯1つの楽しみな時間でもあります。

かわいい愛猫ちゃんのためにぜひ健康に良くて、おいしいごはんを食べさせてあげたいと考えるのは、飼い主として当然ですが、はたして猫にとって健康的なお食事とはどのようなものなのか、実はよくわかっていない人がとても多いことに気づかされます。過去10年ほど前は猫の餌と言えばごはんに鰹節というのが定番でしたし、現在もそれで良しと豪語する獣医が健在ですが猫の生態を詳しく研究した結果、元々肉食動物であった猫に必要不可欠なのは肉や魚を含む高タンパクな食事であると言うことが明らかになってきました。

猫科の動物たちを考え合わせても、至極当然であり納得できる答えです。しかしながら多くの愛猫家たちは手軽に手に入るトウモロコシなどの穀物類を豊富に含んだ総合栄養食を与えているはずです。実はトウモロコシを食べ過ぎると猫の健康は逆に損なわれてしまう事もわかってきて、賢明な飼い主の中には少々高くても動物タンパクが豊富なキャットフードを与えています。その甲斐あって猫の平均寿命がめざましく延びています。猫の平均寿命は13年と言われていたのに20年以上生きる猫も珍しくなくなってきました。しかしながら他にも猫の健康管理をしていく中で考えておかなければならないことは多いのです。